安藤美姫世界フィギア優勝金メダル浅田真央2位銀メダル

安藤美姫
世界フィギア金メダル優勝浅田真央2位銀メダル


20070324-05116762-jijp-spo-view-001.jpg

世界一の舞いだ!! 
女子で安藤美姫が金メダルを獲得した。


ショートプログラム(SP)で2位だった安藤美姫が
フリーで自己ベストの127・11点をマークし、
合計195・09点で世界女王の座を手にした。


4回転サルコーこそ試みなかったが、
最初の連続ジャンプを成功させると波に乗った。

演技を終え逆転優勝が決まると、歓喜の涙。
直後に笑みを取り戻し「SPもフリーも自己ベストを出せてよかった。

日本開催の大会で優勝できてうれしい」と話した。
 

2人のヒロインが感涙

日本勢金銀独占アジア勢で金銀銅

SP5位と出遅れた浅田真央(16=中京大中京高)は
フリーで女子史上二人目となるトリプルアクセルを成功させ
世界最高となる133・13点を記録し、一気に2位まで順位を上げた。

日本人の金銀独占と、3位の金妍児(韓国)を含めたアジア勢の表彰台独占は初めて。


金メダルを手に笑顔の安藤美姫(右)と銀メダルの浅田真央。
日本女子の世界選手権優勝は3大会ぶり史上4人目。
1つの大会で同時に2人がメダルを獲得したのは初めて


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000000-nks_fl-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000010-sanspo-spo



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36826162

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。