アイドルって・・・カテゴリの記事一覧

アイドルの語源マメ知識

アイドルの豆知泉

アイドル(Idle)は、怠けた、職のない、実働していない、価値のない等の意の形容詞、
及び(常に)怠けている、空転している等の意の他動詞。

アイドルタイム、アイドルコスト、アイドル状態
(コンピュータ用語。元々は各種機械でも使われている用語)など。
特に航空機や自動車等のエンジンについては-ingでアイドリング、アイドリング状態と表現。


アイドル(Idol)は偶像、崇拝される人の意。
転じて、人気のある歌手、俳優、タレントその他の芸能人を指す。
(本項で詳述)語源は「見る」を意味するギリシア語のιδειν(イデイン)であり、
→ειδoσ(エイドス、姿)→idola(イドラ、ラテン語、偶像)→idol(英語、偶像・人気者)
→後述する清純派芸能人としての日本語のアイドルへと転じていった。


アイドル(Idol)とは、子供や若者らに人気のある歌手、俳優、タレントその他の芸能人を指す。
知名度や人気が広く一般に膾炙(かいしゃ)していれば国民的アイドルと呼ばれる。

さらに転じて、あるコミュニティにおいて人気のある者を指す言葉として用いられる場合がある。
名詞的に「学校のアイドル」、「職場のアイドル」などと呼ばれるもの、
また同様の形容詞的表現として「アイドル的人気のある人」、「○○ではアイドル並み」
といった範囲限定使用がそれである。


[編集] 日本の芸能界におけるアイドル
日本の芸能界においてのアイドルは、偶像の存在のマルチタレントという意味だったが、
SMAPらの活動によって身近な存在となり偶像ではなくなった。


アイドルは元来の意味は上記のような人気者、芸能人の意味であるが日本では慣習上、
女性アイドルは可愛らしさや清純さ、あどけなさを特徴またはセールスポイントとし、
男性アイドルは格好良さやスポーティさを特徴またはセールスポイントとしている若手芸能人、
という限定的な使われ方をする。どちらも性的な魅力を前面に出さない(清純さを強調する)、
ファンの対象を異性としている若手芸能人という点で共通している。


歌手においては後述のアイドル歌謡曲を歌う歌手をアイドル歌手と呼ぶ傾向がある。
ロック歌手等はアイドルと呼ばれないことが多い。

特に女性アイドル歌手においてはロック調は可愛らしさや清純さ、
あどけなさ等とは相反するイメージのためにロック歌手等をアイドルとは呼ばない傾向が強い。

社会的・市民的に好感度があれば国民的アイドルと呼ばれるようになる。
外見が最も重要な要素で、歌手としての歌唱力、役者としての演技力は
アイドルの条件としてはあまり重要視されない。

1980年代前半までは西城秀樹、ピンクレディー、山口百恵、近藤真彦、
松田聖子などといった歌手がアイドルと呼ばれ、テレビの歌番組を中心に活躍した。
彼ら、彼女らの楽曲はアイドル歌謡と呼ばれ、独特の特徴がある。
(ロックやR&Bのようなポピュラー音楽ジャンルとしては確立してはいないが)。
1980年代後半になるとバラエティ番組が中心のバラエティアイドルや
雑誌のグラビアが中心のグラビアアイドルが登場し、アイドルの概念が多様化した。


TVゲームに初めて公式にアイドルが登場したのはファミコンソフトの
「中山美穂のトキメキハイスクール」

アイドル系ゲームと言ってもさほど似ていない似顔絵が登場するような物で、
他には「立花理佐」なんてのもあり、

意表をついた所では磯野貴理子がいた「チャイルズ」のゲームもあった。
実写取り込みはPCエンジンの「酒井法子」「小川範子」「西村知美」あたりが最初、
この辺になるとCDの特性を生かして直接喋ると言うのが売りになっていて、
入力した名前をアイドルが喋ってくれると言うことになっていたので、
そこに放送禁止用語を入力する人もいたらしい。

とのことですが

可愛い子供がワタシのアイドル♪





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。