ダニカ・パトリックインディジャパン優勝

ダニカ・パトリックがインディ・ジャパン優勝

女性ドライバーが世界のトップレースで優勝したのは史上初めて。
(ラリー除く)

ダニカ・パトリックといえば
可愛いので取り上げたことがあります。

アスリートなのでスタイルはいいのがあたりまえで
水着モデルとしても活躍していたことがあります。

ダニカ・パトリック水着画像
ダニカ・パトリック-ss.jpg

★スポーツアイドル一覧



そのころ準優勝だったので話題になったと記憶しています。


世界のレースの歴史に新たなページが書き加えられた。
米インディカーシリーズ今季第3戦
「インディ・ジャパン300マイル」は20日、
栃木・ツインリンクもてぎのオーバルコース
(1.52マイル=約2.4キロ)で

18台が出走して200周の決勝を行い、
ダニカ・パトリック(米国=AGR)が
1時間51分2秒6739
(平均時速164.258マイル、約264.3キロ)で、
出走50戦目で初優勝した。

世界トップレベルのレース(ラリー除く)で
女性ドライバーが優勝したのは史上初めて。


6番手スタートのパトリックは終盤、
燃費をセーブしてピットストップ回数を減らす作戦。

残り3周でトップに立つと、
1909年に始まった米国のオープンホイールカー
(タイヤむき出しの競技専用車両)レースで、
女性として初めてトップでゴールした。


★スポーツアイドル一覧



オグシオとは

オグシオとは?

最近オグシオてよく聞くなぁって感じしてましたが
私は外人だとばかり思ってました(〃^∇^)o彡☆あははははっ



オグシオ公式写真集

“オグシオ”とは

バドミントン女子ダブルスで
全日本選手権3連覇を果した

小椋久美子(おぐらくみこ
潮田玲子(しおたれいこ)

ペア2人の愛称なんです。


はじめに彼女たちが注目されたのは
その「強さ」というよりも「美しさ」です。

ところが可愛いペアにもかかわらず

つおいのです。


実力や技術も世界に通用するレベルなので
最近注目されていますが、

今でもマスコミでは
美人ペア、オグシオ、などと書かれています。


最近バトラーなる言葉が使われるようになり
バトミントンの人気をあげているのも
このオグシオのチカラが多少はあるでしょう。


最近スポーツ界ではフィギュアスケートを初め、
ビーチバレーなどでかわいい選手を取り上げられています。

ビーチバレーの浅尾美和も写真集を出して
今ではビーチバレーの試合は超満員です。

オグシオもそんな中の1組です。

もちろん、オグシオたちもまけてはいません。

オグシオ潮田玲子小椋久美子ペアも
スポーツ選手でありながら 写真集も出しております。


実際にテレビでオグシオの2人を見ればわかりますが
2人ともとてもかわいいです。

バトミントンというマイナーなスポーツなので
今までオグシオがあまり話題にされなかったのかと
残念なくらいオグシオの2人はかわいいです。

オグシオ公式写真集



★オグシオ一覧

世界フィギアミキティ安藤美姫2位発信4回転で優勝狙え

世界フィギュアで浅田真央、安藤美姫ら競演

美姫2位!フリー4回転で逆転だ!…世界フィギュア第4日

 ◆フィギュアスケート世界選手権 ミキティが魅せた! 
トリノ五輪代表の安藤美姫(19)=トヨタ自動車=が、
ショートプログラム(SP)自己ベストの67・98点で2位と、
絶好のスタートを切った。

ノーミスの完ぺきな演技で、首位と3・97点差の逆転金メダル圏内。
24日のフリーで、3季ぶりに4回転サルコージャンプに挑み、
初の世界一を狙う。

日本のエース浅田真央(16)=中京大中京高は
コンビネーションジャンプで失敗し、5位と出遅れた。

ミキティは柔らかな笑顔を浮かべて滑った。
演技が終わると、会心のミキティ・スマイル

pfuln20070324004001001-small.jpg
安藤が大舞台で自己ベストを更新し、2位につける最高のスタート。
金メダル射程内につけた。

 
「今季最後の大会でベストが出てうれしい。
これでSPから解放されて、ホッとした」。

これまでと違って目に濃いシャドーを入れないナチュラルなメークと同じように自然体の演技。

「シェエラザード」の曲に合わせて、時に力強く、時に優雅に。
3種類跳んだジャンプは完璧でした、見ていて気持ちよかったです。


スケーティング技術では、トップの金と遜色(そんしょく)のない点数。

「すばらしい。今までで最高の演技だった」と伊東秀仁フィギュア強化部長も褒めちぎった。

 昨季は右足小指骨折による練習不足から体重が一時50キロ台にまで増え、
トリノ五輪では15位。引退も考えたどん底から、
復活を期した今季も年末の全日本選手権で右肩を脱臼するアクシデントに見舞われた。
スケート靴を軽くしたことで4回転の成功率が上がり始めたが、
右かかとに激痛が走った。靴も履けないぐらいに膨れて、

練習拠点の米国から名古屋にいる母・明美さんに国際電話で泣き言をこぼしたことも

抗生物質で痛みを軽減し、臨んだ今大会。
薬の副作用で顔に吹き出物も出てきたが、
痛めたのとは反対の左肩でビールマンスパイラルを見せる執念も見せた。

KFullNormal20051002027_l.jpg
◇完ぺきな演技で2位…安藤、4回転サルコウへの挑戦を宣言

世界女王の座が視界に入ってきた。前回優勝のマイズナーが自己ベストを更新しても4位止まりというハイレベルな争いの中、安藤が完ぺきな演技で2位につけた。

冒頭に3回転ルッツ―3回転ループの大技を決め、続く3回転フリップも成功。

ストレートラインステップに入る直前、「シェエラザード」の曲に合わせて「シェエラザードのお姫さまになった気分で表情を作った」という微笑を浮かべた後、両手を大きく動かしながらステップを踏み、観客の手拍子を誘った。

最後はI字スピンで締め、自己ベスト(67.52点)更新の67.98点を出した。
 昨年12月下旬の全日本選手権で右肩を負傷し、2週間は練習はもちろん、寝返りもうてなかった。

今大会前にスケート靴が合わず、ジャンプ練習も不十分。

「体力面の不安があり、緊張していた」と明かす。

右肩の影響でビールマンスピンも封印せざるを得ない状況にも、「今の自分ができることをしよう」と自らに言い聞かせた。

重圧に負けて15位と惨敗したトリノ五輪当時とは別人のようなたくましさ。

五輪後は食生活を管理して体を絞ってきたが、世界選手権の大舞台で見事にトリノの汚名を返上した。

メダルを確保するため守りに入るなら、
構成に入れないのが得策だが「この試合が最後じゃないし、最終目標じゃない。

思い切って4回転を入れて演技したい」。
目標の2010年バンクーバー五輪で勝つために、4回転は避けて通れない。

金メダルを目指し、美姫は跳ぶ。

ガンガレミキティ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000120-mai-spo

世界フィギア安藤美姫4回転成功調子上向き

安藤美姫

トヨタ自動車
1987年12月18日生まれ

愛知出身。8歳でスケートを始める。
幼い頃からジャンプを得意とし、02年のジュニアGPファイナル(2位)で
女子選手として初めてISU公式大会で4回転サルコウを成功させた天才肌。

端麗な容姿でファンも多く、完全復活が期待される。
KFullNormal20051002027_l.jpg

美姫 フリーで4回転飛ぶ!

練習で4回転ジャンプを成功させた安藤


 フィギュアスケートの世界選手権は、23日の女子のSPを前に公式練習が行われ、安藤美姫(19=トヨタ自動車)が4回転ジャンプを成功させた。

 高いジャンプ、鋭い回転から見事に着氷。18日に公式練習が始まって4日目、15度目の挑戦で決めた。「回転もいいし、フリーに入れる方向」。試合では03年の全日本以来3年半も成功していない大技を、24日のフリーのプログラムに組み込む可能性が高くなった。

 SPの滑走順抽選では、最終第8グループの41番に入った。ライバルとなる浅田は同組の42番に決まったため、1つ前で滑る安藤が好演技をすれば、浅田にプレッシャーをかけることができる。昨年12月の全日本選手権(名古屋)のSPでも浅田と同組に入ったが、結果は浅田が1位、安藤は2位だった。「体の動きも良くなっているので、試合に向けて調整したい」。24日のフリーを前に、まずはSPに集中する。

美姫また4回転サルコー成功
日刊スポーツ - 2007/3/23 10:00

 安藤が、22日も4回転サルコーで着氷した。まったく乱れなかった前日に比べ、ややバランスを崩した。エッジがガリッと音を立て氷に食い込んだ。しかし、前のめりになりながらも何とか踏ん張り、今大会の公式練習で2度目の着氷に成功した。前日の成功は単発でのジャンプ。この日は、曲を流しての通し練習で試み初めて成功した。試合と同様の流れの中で着氷した自信は大きい。SP本番を翌日に控え、安藤の4回転が、波に乗ってきた。

a5526275a37adbb538971dc041fb9045-o.jpg

http://sports.yahoo.co.jp/extra/worldfigure_2007/b_01.html
http://sports.yahoo.co.jp/news/20070323-00000057-nks-spo.html

世界フィギア浅田真央好調

いよいよ今日から世界フィギア2007
女子が始まりますね。

今日はショートプログラムです、
真央ちゃんが得意の分野できちりと主意を取れるか
KFullNormal20070107074_l.jpg

浅田真央

中京大中京高
1990年9月25日生まれ
今期世界ランキング2位

愛知出身。5歳でスケートを始める。幼少時はバレエのレッスンも受けていた。
姉の舞とともにジュニア時代から活躍。
12歳で特例措置を受けて全日本選手権に出場し、7位と健闘した。

シニアに舞台を移した05−06シーズンにはGPファイナルで優勝。
一気に次代の女王候補に名乗りを挙げた。今大会も優勝候補の筆頭。

女子(23日SP、24日フリー)で初出場初優勝を目指す浅田真央(16=中京大中京高)は
夜の開会式にブレザー姿で登場し「1年間やってきたことを思い切り発揮できたら」と話した。

午前の練習では計21回のジャンプ中、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に3度挑んで2度成功。
本番会場でSPを練習できる最後の機会とあって上着を脱ぎ、時間ぎりぎりまで調整した。

「調子はずっとよくなっている」と手応えを口にした。


http://sports.yahoo.co.jp/extra/worldfigure_2007/b_01.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。